小学校油粘土
ホーム 幼保油粘土 幼保紙ねんど 小学油粘土 小学紙粘土 小学カラー粘土
小学液体粘土 小学土粘土 紙粘土セット 芯材 創作紙粘土協会 会社案内
小学校 カラー紙粘土
カラフル紙ねんどセット 説明3
 赤・青・黄・白の4色の紙粘土を混ぜてカラフルな作品ができる!
カラフル紙ねんどセット(M)
品 番:#0428
粘土色:4色(白・赤・青・黄)
分 類:超軽量紙粘土
重 量:白・赤・青・黄各30g・各1個
    合計約120g
包装紙:チャック付きポリ袋
外箱1ケース:80入り
カラフル紙ねんどセット(L)
品 番:#0429
粘土色:4色(白・赤・青・黄)
分 類:超軽量紙粘土
重 量:白・赤・青・黄各40g・各1個
    合計約160g
包装紙:チャック付きポリ袋
外箱1ケース:60入り
カラフル紙ねんどセット特長
手につかず発色の良い
色に仕上がる
たくさん使えるので
大きな作品ができる
ペットボトルなどの
色々な芯材につく
色粘土で製作の時間を
短縮
カラフル作品
包装用のチャック付き
袋に粘土を入れて保存

▲ページの先頭へもどる▲トップページへもどる▲小学校カラー紙粘土へ
彫塑ねんど 説明4
 自然乾燥で素焼き風に仕上がる超軽量の紙粘土!
ずこうねんどつくピタ(ブラウン)
品 番:#0667
粘土色:茶色
分 類:紙粘土
サイズ:約19.8×9.3×1.7cm
体 積:約313㎤
重 量:約120g
包装紙:PPフィルム包装
外箱1ケース:40入り
彫塑ねんどの特長
自然乾燥で焼き物風に
仕上がる
ねんど同士がとても
よくつく
ソフトな手触りで手に
つかない
ペットボトルなどの
色々な芯材につく
乾燥後、絵の具で発色
よく着色できる

▲ページの先頭へもどる▲トップページへもどる▲小学校カラー紙粘土へ
彫塑ねんど 説明4
 自然乾燥だけで素焼調に仕上がる、土粘土のような紙粘土!
彫塑ねんど(ブラウン)
品 番:#0700
粘土色:茶色
分 類:紙粘土
サイズ:約18.7×9.5×2.5cm
体 積:約444㎤
重 量:約600g
包装紙:PP・PETフィルム包装
外箱1ケース:30入り
彫塑ねんど(グレー)
品 番:#0701
粘土色:灰色
分 類:紙粘土
サイズ:約18.7×9.5×2.5cm
体 積:約444㎤
重 量:約600g
包装紙:PP・PETフィルム包装
外箱1ケース:30入り
彫塑ねんど(グリーン)
品 番:#0702
粘土色:緑色
分 類:紙粘土
サイズ:約18.7×9.5×2.5cm
体 積:約444㎤
重 量:約600g
包装紙:PP・PETフィルム包装
外箱1ケース:30入り
彫塑ねんど(ホワイト)
品 番:#0703
粘土色:白色
分 類:紙粘土
サイズ:約18.7×9.5×2.5cm
体 積:約444㎤
重 量:約600g
包装紙:PP・PETフィルム包装
外箱1ケース:30入り
彫塑ねんどの特長
板のように伸ばして
貼る技法ができる
粘土を細く伸ばして
巻く技法ができる
たこ糸などで簡単に
粘土が切れる
薄く伸ばした粘土を
型抜きで抜き取れる
ペットボトルなどの
色々な芯材につく
自然乾燥で、焼き物の
ようなに仕上がる
乾燥後、彫刻刀や紙
やすりで加工できる
乾燥後、水をつけ軍手
で磨くと光沢がでる
乾燥後、絵の具で発色
よく着色できる

▲ページの先頭へもどる▲トップページへもどる▲小学校カラー紙粘土へ
説明4
 彫塑ねんどより少し小さめの土粘土のような紙粘土!
彫塑ねんどブラウンM
品 番:#0716
粘土色:茶色
分 類:紙粘土
サイズ:約13×9.5×2.5cm
体 積:約308㎤
重 量:約400g
包装紙:PPフィルム包装
外箱1ケース:40入り
彫塑ねんどブラウンMの特長

▲ページの先頭へもどる▲トップページへもどる▲小学校カラー紙粘土へ
説明3
 天然素材を使用した土粘土タイプの粘土!!
セラミット
品 番:#0725
粘土色:茶色
分 類:紙粘土
サイズ:約14.5×11.4×3.4cm
体 積:約562㎤
重 量:約1kg
包装紙:PP・PETフィルム包装
外箱1ケース:20入り
セラミットの特長
  • 土粘土のようなザラザラした手触り
  • 重量感のある作品になる
  • 焼き物風に仕上がる
  • 細かい作業ができる
  • 色々な芯材が使える

▲ページの先頭へもどる▲トップページへもどる▲小学校カラー紙粘土へ
はにわねんど 説明3
 はにわづくりに最適な、自然乾燥で仕上げる紙粘土!
はにわねんど
品 番:#0551
粘土色:はにわ色
分 類:紙粘土
サイズ:約13.8×9.7×2.7cm
体 積:約361㎤
重 量:約480g
包装紙:PP・PETフィルム包装
外箱1ケース:30入り
はにわねんどの特長
  • はにわの作品が自然乾燥で簡単にできる
  • 色々な芯材が使える
  • 乾燥後、とても固くなる

▲ページの先頭へもどる▲トップページへもどる▲小学校カラー紙粘土へ